アートトート -Limited Edition
Model high around 170cm
Model high around 160cm
Model high around 160cm
Model high around 170cm
 Model high around Left: 160cm / Right 170cm
Yokohama
アートトート -Limited Edition
アートトート -Limited Edition
アートトート -Limited Edition
アートトート -Limited Edition
アートトート -Limited Edition
アートトート -Limited Edition
アートトート -Limited Edition

アートトート -Limited Edition

Regular price
各種 ¥2,990 each
Sale price
各種 ¥2,990 each
Regular price
Sold out
Unit price
per 
Tax included. Shipping calculated at checkout.

商品説明

それぞれのTHE KNOTの土地(横浜・新宿・札幌・広島)にゆかりある4名のアーティストの方にデザイン提供頂き作成した、オリジナルトートバッグです。
A4はもちろん、B4サイズまでゆったり入るマチなしフラットなバッグは、持ち手が長いので肩掛けもできます。

《着用モデル》
男性 身長約170cm(横浜・札幌着用)
女性 身長約160cm(東京新宿・広島着用)

アーティストの紹介

For THE KNOT YOKOHAMA
金子 未弥 / Miya Kaneko
2017年に多摩美術大学大学院美術研究科博士後期課程修了、博士号(芸術)取得。人々の場所に関する記憶から、目に見えない「都市の肖像」を描くプロジェクトを行っている。2017年にTokyo Midtown Award 2017 グランプリ、2018年にはART IN THE OFFICE 2018を受賞。2017年より黄金町エリアマネジメントセンターレジデンスアーティスト。

《主な展示》
2020年 Creative Railway〜みなとみらい線でつながる駅アート,元町•中華街駅(神奈川)
2020年黄金町バザール2020 (神奈川)
2019年六甲ミーツ•アート芸術散歩2019 (兵庫)
2019年中之条ビエンナーレ2019, 近藤公園(群馬)
2019年【個展】”Information Center- Would Atlas Project in Gwangju-Spaceppong“ (光州, 韓国)

For THE KNOT TOKYO Shinjuku
一林 保久道 / Hokuto Ichibayashi
1992年石川県生まれ。京都精華大学日本絵画専攻を卒業したのち、蛍光色や人工物を積極的に用いた独自のスタイルを確立。主に描く絵画には社会的なものや歴史的なものに、風刺を匂わせた作品や、幼少期に遊んだゲームのニュアンスを含ませた俯瞰的な画面や、ゲーム内の俯瞰図、歪んだ遠近感は元来古典絵画から着想を得た構図を織り交ぜた作品が主体となっている。

《主な展示会》
2020年グループ展「Input/Output」,銀座蔦屋書店 (東京 銀座)
2019年, 2020年 個展「THE TOWER」, 藤井大丸 (京都 四条) , ダイトカイ (東京 渋谷)
2019年グループ展「人物と風景」,The blank gallery (東京 原宿)
2018年個展「melee close in」,ANAGRA (東京 半蔵門)
2018年グループ展「memento mori」, L’illustre Galerie LE MONDE (東京 原宿)
2018年 グループ展「EPIC PAINTERS vol.4」, The blank gallery (東京 原宿)
2018年 グループ展「ヤングマンズ」,kara-s (京都 四条)
2017年個展「FIGHTER」,argument gallery (東京 吉祥寺)

For THE KNOT SAPPORO
鈴木悠哉 / Yuya Suzuki
1983年 福島市生まれ。2007年 日本大学芸術学部美術学科版画専攻卒業。近年は都市環境の観察をベースとしたドローイングのプロジェクト「archegraph study」をアジア、ヨーロッパなどの都市において展開。2020年より文化庁在外研修助成を受け、現在はドイツ在住。

《主な展覧会》
2020年「archegraph study_Berlin」,Migrant Bird space (ベルリン)
2019年「Phantoms Agora」,シャオロン児童美術館 (台南)
2019年「Futuristic Allegory」,Migrant Bird Space (北京)
2018年「archegraph study_Tainan」,絶対空間 (台南) 
2017年「archegraph study_Seoul」,salon cojica,(札幌)
2016年「アッセンブリッジナゴヤ 2016」(名古屋名港地区)
2014年  札幌国際芸術祭2014, 500m美術館 (札幌)
2013年「Becoming Undone」,Kleiner salon (ベルリン)
2013年「Jeune Creation 2013」サンキャトル(パリ)等

For THE KNOT HIROSHIMA
手嶋 勇気 / Yuki Tejima
1989年、北海道生まれ 。画家。西洋古典絵画の技法研究と制作を経て、即興的でドローイングのような絵画を制作する。土地の歴史や文脈に自身が接続される試みとして「風景」を主な題材として描く。広島在住。

《主な展覧会》
2020年「個展:ひろしまスケッチ」ギャラリーG (広島)
2019年「specimen(s)」EUKARYOTE (東京)
2019年「VOCA展2019 現代美術の展望─新しい平面の作家たち」,上野の森美術館(東京)
2018年「個展:Landscape and sky」,7T Gallery,大邱 (韓国)
2018年  展示ディレクションに「原民喜 -かすかにうずく星-」ギャラリー交差611、(広島)等

サイズ

本体サイズ:約W350xH410mm
持ち手サイズ:約W25xL550mm

素材

コットン、ポリエステル 12オンス

お手入れについて

基本的に洗濯してご使用する前提で製作しておりません。
洗濯した場合、縮み、色落ち、色移り等の問題が発生する場合がございますので、あらかじめご了承ください。